顔汗によるかゆみの原因って?

顔に汗をかくことによって、かゆみが出てしまうことがあります。
汗をかくことは身体に良いと言われているのに、なぜこのような肌トラブルがおきてしまうのでしょうか。
かゆみの原因について調べてみました。

 

 

◆汗をかくこと自体は大切なこと

 

顔に汗をかくことは、実はとても大切な働きがあります。
汗とともに古い角質や汚れなどの老廃物が排出され、肌のくすみが改善します。
また、新陳代謝が活性化しますので肌がターンオーバーしやすくなります。
汗は体温調節の役割も持っていますので、体温を下げてくれます。

 

◆顔汗のかゆみの原因は皮脂不足!

 

ではなぜ、顔汗をかくとかゆみが出てしまうのか。
その理由は汗をかくときに皮脂を分泌していないからです。
もともと汗というのはアルカリ性です。
肌がアルカリ性の状態のままでいると刺激にさらされやすく、ダメージを受けてしまいます。
細菌が繁殖しやすくもなってしまいますのでかゆくなってしまうんですね。

 

お肌の正常な状態は弱酸性です。
そのために必要なのは酸性の皮脂。
酸性の皮脂とアルカリ性の汗が混ざることにより、お肌は弱酸性を保って正常に機能することができます。

 

つまり、汗だけが出ていて皮脂が分泌されていないことがかゆみの原因なんですね!

 

◆皮脂の役割とは?

 

皮脂には、健康なお肌をキープするための役割があります。
・雑菌の繁殖を防ぐ
・紫外線などの刺激を緩和する
・保護膜を作り、乾燥を防ぐ

 

こうした役割を発揮できるように、毎日のスキンケアで皮脂の適度な分泌を促すことが大切になります。

 

◆乾燥肌におすすめな皮脂分泌ケア

 

乾燥肌の方は皮脂が分泌されにくいため、ちょっとしたケアを心がけるだけで改善しやすくなります。
そのための方法をいくつかご紹介しますね!

 

肌には油分がなければ、皮脂を作り出す働きがあります。
油分の配合されているスキンケア商品は極力使わないようにし、ノンオイルのものを使うようにしてみましょう。
皮脂の分泌が促されます。

 

食事による油分の摂取も効果的です。
油分が多く含まれているナッツやオリーブオイルなどの植物性脂肪、卵やチーズなどの動物性脂肪を積極的に摂り入れてみましょう♪

 

新陳代謝を活発にさせることも大切です。
半身浴でじんわりと身体を温め、新陳代謝をあげましょう。
フェイスマッサージなどを習慣にしておくと、肌の新陳代謝がアップするだけでなく、リフトアップやリラックス効果も期待できます。

 

 

顔汗によるかゆみの原因が、汗そのものではなく皮脂不足だというのにはビックリですよね。
適度に汗をかくことはお肌にとって良いことですが、過剰に汗をかいてしまったときにはやわらかいガーゼ生地などで優しくおさえて拭き取るようにしてみてください。

 

 

かゆみがひどいときには、かゆい部位を冷やしてあげましょう。
清潔なハンカチやタオルなどを濡らして当てるようにします。
こすってしまうと刺激になってさらにかゆみが増したり、痛みが出てしまうので要注意です!

 

 

関連ページ

汗が原因で顔が痛いときの対処法
汗が原因で顔が痛いときの対処法をまとめました。顔の汗でお肌が痛い人はスキンケアの参考にどうぞ!
汗を止めるために顔に使える薬はどんなものがあるの?
顔の汗を止める薬についてまとめてみました。顔の汗で悩んでいる方は必読の治療方法、お薬の情報です!