汗のせいで顔が痛い!そんな時はこう対処しよう!

汗をたくさんかいて顔が痛い、という経験をしたことがある人もいますよね。
こうした肌のトラブルはなぜ起きてしまうのでしょうか?

 

 

顔に汗をかくことによって皮膚が痛いと感じるのは、肌が乾燥しているからです。
紫外線や保湿不足によって乾燥すると肌のバリア機能が低下します。
水分量が少なくなってくると皮膚は薄くなってしまうため、いつもは平気なはずの汗ですら刺激になってしまうのです。

 

 

肌の乾燥を防ぐためには、保湿重視のスキンケアが大切です。
保湿成分にはいろいろありますが、乾燥で皮膚が薄くなってしまっているときにはセラミドが配合されているものを選ぶのがおすすめ!
セラミドには細胞間をつなぎあわせ、水分を蓄える性質があります。
皮膚のバリア機能を回復し、薄くなった皮膚の角質層をサポートしてくれます。

 

 

肌が乾燥してしまう原因に、正しい洗顔ができてしないことがあります。
汗をかきやすい時期になると顔がベタつきますし、さっぱりと洗いたくなるものですよね。
しかし、ゴシゴシ洗ってしまうとお肌の皮脂や水分が失われ、さっぱりどころかパリパリに乾燥した肌にしてしまいます。

 

 

洗顔の基本は手でゴシゴシ洗って汚れを落とすことではなく、泡によって古い角質や汗、ほこりなどを取り除くことです。
私たちの肌にもともとあるセラミドや保湿成分は、過剰な洗顔をすると失われてしまいます。
しかし、洗顔によって受けたダメージはスキンケアでは回復しません。
元の状態に戻るまで時間がかかってしまいますので、正しい洗顔を身につけましょう!

 

 

正しい洗顔の方法ですが、まずは洗顔前に手をきれいに洗いましょう。
次に洗顔料をしっかりと泡立てます。
泡立てるのが苦手な方は泡立てネットというものが売られていますので、利用してみてください。
洗う順番は皮脂の分泌が多い、Tゾーンや顎からにしましょう。
あとはぬるま湯で最低20回以上すすげばOKです!
洗顔後は優しく水気を拭き取り、できるだけ早く保湿してください。

 

 

顔に汗をかくと痛いものですが、普段からお肌のケアをしておけばトラブルは最小限にすることができます。
とはいえ、夏シーズンや運動後などはどうしても汗をかいてしまいますよね。
最近は顔汗対策にサラフェを使用する方が増えているみたいです。

 

 

サラフェは顔汗専用の制汗剤ですので、毎朝のスキンケアのあとにジェルを塗るだけで汗やテカリを防いでくれます。
発汗を抑制するだけではなく、肌を保湿・保護する成分も配合されていますので、乾燥やバリア機能の低下からも肌を守ってくれますよ♪

 

 

汗をかくことによって本来弱酸性のお肌がアルカリ性に傾いてしまうことがあり、それが肌の不調の原因にもなります。
ですから、汗が肌の表面に出てこないようにすることも重要です。
汗そのものを瞬間ガードしてさらさらなお肌にしてくれるサラフェは、顧客満足度91.7%と効果が期待できる制汗剤ですので、これからの季節にひとつ持っておきたいですね♪

 

関連ページ

顔のかゆみの原因が汗って本当?解決方法はあるの?
顔のかゆみの原因は汗なの?顔に汗をかいたときのかゆみの原因や対処法をご紹介しています。
汗を止めるために顔に使える薬はどんなものがあるの?
顔の汗を止める薬についてまとめてみました。顔の汗で悩んでいる方は必読の治療方法、お薬の情報です!